文字の宝石箱や〜

本当にごめんなさい

スプラトゥーン2体験版の前夜祭フェスの感想レビュー

1日2回ブログを更新するとは。私がヒマだってバレますね。。。

2017年の7月15日、
ニンテンドースイッチスプラトゥーン2体験版の前夜祭フェスをプレイしました。
それの感想を。

なぜかというと、すごく楽しかったってのいうのと、
作った人たちに感想をフィードバックしたいという思いがあります。

世の中いろいろ体験版とか無料で遊べるものが多いし、
最高〜なんだけど、
ゲームは作品でもあるので。せめて私にできること、
つまりプレイヤー目線での感想を書いてここに残しておきたいです。

最終的には5000兆円ほしい。


目次

はじめに

感想を書いてる私について。
1日1~3時間ぐらいプレイする、いわゆるライトゲーマー。
ちなみにスプラトゥーンはこれが初体験です。

好きなジャンルはJRPG、パズル、シュミレーション、洋ゲー
具体的には昔のFF、ドラクエロマサガタクティクスオウガ
最近だとマインクラフト、Factrio、ポータルなど。
つまり反射神経を必要とされてないゲーム?
なぜならそんなに自分がゲームが上手い方ではないと思うので。
昔ってゲームが上手いって概念がなかったと思う。

FPSとか協力ゲームが出てきてから
自分の"腕"っていうのがゲームに反映されるような気がして
それにはちょっと自分はいいかなーと思ってました。

なぜかというと、純粋な自分の"腕"というものは、
もちろんプレイヤースキルというものあるんですが、
パソコンのスペックやネット回線にもだいぶ依存するなと思い、
いつしか敬遠、いや怖い、さらに言うなら憎いとさえ思ってました。

みんなが楽しめるゲームだとそういうジャンルも好きなんですけどね
たとえばモンハンや地球防衛軍などなど。

遊んだ感想

やっぱりみんなが注目してるゲームだけあって、
ツイッターのタイムラインなどがすごく盛りあがってて
お祭り感をひしひしと感じとってました。
(半分ぐらいがスイッチ手に入らねえという叫びでしたが)

まず最初に思ったのが、雰囲気がいい!ということです。
どうしてもFPSとかって戦争とか近未来とか荒れたイメージですが
これはオシャレでカラフルでライトで一瞬で好きになりました。

もともとのゲーム内容にも触れるのですが、
イカしたイカがインクを塗り合う!という一言で表せるコンセプト、
そこにストリートやクラブやファッションをかけて独特の世界観を構築していて
なんていうか、楽しい!と心から思えました。

はじめてだったので、
システム周りの説明などは簡単なチュートリアルだけなのかな〜と思って不安でした。
この体験版だと急に対人戦をやるじゃないですか。怖くて怖くて。
テレビの前で正座してあやまる練習してたんですけど、
一回ゲームが始まるとすべてが杞憂に思えました。

とにかく最初はRを押したらインクがでるから、
ええーと塗ってないところを塗っちゃえと、
ドボドボ進んでいくだけで、私結構ぬってるんじゃない?
チームに貢献してるんじゃない?と後ろのほうでひたすら塗ってました。
ちなみに血液型がAなので、少しの塗り残しを見つけて
おいおい、残ってる!残ってる!と全部丁寧に綺麗にぬって満足してました。

よーし、真ん中もいくか〜ドボボボボ
あ、インク切れ?ええとイカになって沈めばいいんだよな。。
よーし、あ、音楽がイコライザーかかったみたいに変化する!
ほんとうに潜ってるみたい!落ち着くなあ〜
よいしょ!いったるで!

とその時、あいてがドボボボときて、一瞬でやられるじゃないですか。
視界には入る、狙って打たなきゃいけないというのも分かってたんですよ。
いや、相手が見えたと思ったら、わずか0.3秒ぐらいの間に死んじゃいました。

おもわず何これ!と部屋で叫び、
冷静に考えたところ、前作の経験者じゃね?
しょうがないタハハと乾いた笑いをひたすらするしかなかったです。

塗り残しをみつけてはドボボと塗り、
めっちゃどうでもいいところで
Lは爆弾かな?ぽい!と試したり、楽しかったです。
その間に6回ぐらいやられてるんですけどね。

そんな調子で3回ぐらいかな?
シューターで遊んでたんですけど、
ドボボボボと歩きながら撃ってたら
偶然に、そこに敵がサッと入ってきて、
私もはじめて倒せました!おもわずツイッターしちゃいましたよ
その後に6回ぐらいやられてるんですけどね。

ジャイロがやりづらくて、
普通のスティックで狙いをやろうとしてるんですけど
全くイメージ通りにいかない。
そりゃそうだ、相手は動く的。攻め込んでくる人たちなんて上手いし、
私はがんばって、ここの壁!そこの床!つ、つぎ!そこの塗りの残し!
とゆっくり狙いを定めて頑張ってました。
その結果、その試合では初勝利
うおおおおおと叫びましたね。声でました。
味方全員にハイタッチしたい気分です。

完全に夢中になってると、4回目の試合ぐらいから
基本操作を覚えてるんですよね。みんなからみたら初心者ですよ。
だけど、自分なりにうごいて、塗って、よしこの辺まではきても大丈夫。
ええとあの人が先に行きたそうだからボムを投げてあげて。。。
とブツブツ考えながらプレイする余裕も出てきて、
なるほどよくできるなあと思いました。
夢中になってると操作を覚えるゲームデザイン、良い。。

ただし、シューターからローラーとかマニューバーに切り替えた時に
戸惑いました。Rの押しっぱなしとか、ジャンプしながら?とね。。
あとイカでジャンプしてる人や範囲外?からスーパーチャクチしてる人とか。
おさんぽモードがあるのは良い。一人で武器も持っていけるのはよかったです。

その後もいろんな武器に切り替えたり、ジャイロに切り替えたりして
満喫しました。立ち回りと個人の力量のバランスが勝負のカギっぽい
まあ私なんか初心者チームにいたのでみんなでワイワイやってたのですが。。

まあ、めちゃめちゃ上手い人たちに当たって圧倒的に制圧された時は
まじでキレそうになりますね。なんだよクソゲーかよ!!!
もういっかい。。。
って意味でのいい意味でのキレ具合というか、
マリオカート8dxもそういうレベル調整が神がかってて、
サイアクと最高〜を繰り返す、最高のゲームだと思いました。

プレイした感想をなぞるとこういう感じなのですが、
個人的によかった点はやはり悪口が無いという所です。

どうしてもFPS、協力ゲーム、さいきんだとFF15とかもそうだけど
面白いんだけど、プレイスキルないとギスギスなんですよね。
爽快感をもとめてゲームしてるのにそこで揉めたくねえ。。。
ライトゲーマーのぼやきとして聞き流して欲しいんですけどね。。。

そこで、スプラトゥーンはナイスとカモン、あとやられた?のみで
たのしく塗り塗りできるのが本当に良い。。。。。
もちろんみんなツイッターとかで言ってそうだけど。
「味方が悪い」「味方が悪いというやつは雑魚自分で行け」みたいな
そういうのいらないんすよね。。。
やられた数も出なくなった!とみんな騒いでたので、
初心者の私的にはありがたいのですが。。。
スペシャルの数はわからなかったかなー。
インクの塗る面積を表しているのかな。
ふんふんやってのんびりプレイスキルもあげていきたい
そしてSNSに「今のは味方が悪い」って私も書きたいです。

ゲームをやった感想をまとめるなら、
初心者でも十分に楽しめるシステムとバランス素晴らしい
といった所でしょうか。

たぶんこれにはゲームバランスだけではなくて
同じ実力ぐらいがあたるようなレーティングシステムや
安定したネットワーク、
夢中にゲーム世界に入り込める綺麗なグラフィック、
世界観を彩るサウンドなどがすべて組み合わさった結果だと思うんですよね。
それぞれの点で気がついた感想を書きます。

ネットワークまわり

私の環境だとけっして早いと言えない回線、しかもWiFiでつかっているのですが、
ロビーで集合してるときに10回に一回ぐらいエラーになるぐらいでしたね
ゲームしてる途中では落ちるとか遅くなるとかもなく、非常によかったです。

一番心配してたんですけど、
FPSファーストパーソンシューティング)とえば
FPS(フレームパーセカンド)と言えるぐらい、
延滞問題ってつきものだと思うんですよね。
スプラトゥーン2全くそんなこと無い。素晴らしすぎです。

たぶん話題のゲームだからトラフィックものすごい事になってると思うんですよね。
最近だとソーシャルゲームがサーバーの増強問題に打ちあたってましたが
ニンテンドーのネットワークすげえとひしひし伝わりました。

レーティング

おなじぐらいの強さの人があたる仕組み、いいですよね。
まあこれは現代のゲームにいろいろ実装されてるのかもしれませんが。
こういう対人ゲームだとどうしても勝ち負けが勝敗なので。
(勝ち負けが勝敗なのでって日本語あやういですね)

たまーに、めちゃ強いひととかあたったり、
タチウオパーキングで相手の陣地の登頂までいったりしたんですけど
こういうもんなんじゃないでしょうか。

ただガチで上手い人たちはチームを組んで別の所でやってると噂も聞いて
あわわと思います。初心者部屋なんかあってもいわゆる初心者狩り?に合いそうなので
レーティングなシステムいいなあと思ってます。

グラフィックまわり

やっぱスプラトゥーンの魅力の一つ、いやもしかしたらメインな所かもですよね

おもわず自分も着たくなるようなストリートファッション、
行くのは怖いが雰囲気がかっこいいクラブカルチャー、
いかした特徴が一目でわかるどこかポップなブキ、
それぞれに特徴がありつつ両陣営が平等に戦えるステージ、
ユーザーインターフェースも非常に洗練されてて、
街に貼ってある広告でさえ遊び心とデザイン力を感じます。

そしてそれを十二分に表現してるコンピューターグラフィックス!
ほんとうにすごい、なんていうの、感じさせないんですよ
本当はすっごい労力と技術なんだろうなと思うのですが、
なんていうんだ、元から、そう、元からあったように思える。

とにかくサイコーです。
今の時代特徴をあるゲームつくるなら
デザイン、ファッション、カルチャー、そういった面が重要なのかもしれません。
いつの時代もそうなのかもしれませんが。

サウンドについて

ふふふ、何を隠そう、
私がスプラトゥーンに興味をもったのって音楽からだったんですよね。
はじめて前作のシオカラ節を聴いたときは感動しました。
そこからプレイ動画をみたり、シオカラーズのライブを見たり、
こんな格好いい音楽でこんな楽しそうなゲームできるのかよお!
と指をくわえてみてました。

そして待望のスプラトゥーン2体験会、
今日が私のデビューみたいなものですよ。
よし、2になって音楽はどうかな、ううーんと思っていたのですが、
あああ〜〜〜〜めっちゃ良い〜かっこいい!

スプラトゥーンの世界のバンド、
Wet Floorがやってるってコンセプトも超いい!
なんていうんですか、
現代のロックなんですけど、ひねくれててスプラトゥーン寄りで。
曲の構成とかもゲームを邪魔しないつつ、
主張してて、あ〜やってよかったと心から思いました。

ゲームで好きな瞬間の一つとして、効果音とBGMの相性がいい時なんですよね。
これだと、ドボボボってインクの少し重めの低音が気持ちいいんですけど、
曲はベースの音がいわゆるドンシャリでスラップ気味かつ耳を奪われないし
そこに抜けのいいドラムとカッティングギターとフニフニシンセにイカボーカル!
そしてゲームプレイを決して邪魔せず盛り上げてくれる存在感。
あ〜買います、私買わせていただきますこのゲームと、素直に思いました。

改善して欲しい点

いや、もう完璧、点数つけるなら95点!って感じなんですけど、
個人的にですよ、思った事を書かせていただきます。

操作してるときの、スペシャル(R押し込み)がやりにくい。
慣れなのかもしれません。
こう対人ゲームって熱くなって思わずボタンとかも強くおしちゃうんですよね。
で、Rもポツィいい!とおしちゃってて全然意味無い所でスペシャルを何回か
ぶっぱなしました。
もちろん個人の癖とかだと思うし試合やれば覚えていくかもしれませんが。
同じように操作してる時にカモン!とかも一緒に押してしまう事あって、
死にながらカモン!って何回かいって気まずかったです。
初心者だからコントローラーがちゃがちゃプレイしてたってのがわるいんですけど、
あわよくばですよ、
キーコンフィグつけてほしいです。
最適化したい。

それと上の方にも書いたのですが、音楽がすきなので
サウンドコンフィグつけてほしいです。
BGMと音楽の音量を調整して自分でガンガンにノッってプレイしたいです。

あとフェスの時にフレンドと一緒にやれたり呼べたりしますが、
フレンドの所属する陣営をわかるようにしてほしい。
これは難しいかもしれませんが、フレンドとやろうとして
部屋たてたり誘おうとしたら、どうしてもできなくてううーんと悩んでたら
相手と違うチームということがわかったので。。。。
まあ非常にこまかい部分だし、個人的なものばかりですががが。

まとめ

本当に完成度も高かったし、純粋にすげーーーーーーーー楽しいです。
発売日に買う事が決定だし、はやく遊びたいです。
そしていつか好きなゲーム聞かれたら、
スプラトゥーン2だね!と答えるようになるような予感がします。

少し長くなってしまいましたがありがとうございました。
ぜひこのレビューを読んで興味を持った方、一緒にやりましょう。

そりぢわ。