文字の宝石箱や〜

本当にごめんなさい

つらぽよ日記

つらい時に文章を書く

 

つらい気持ちに襲われてごめんなさい本当に

早くやめればいいんだけど。こういうのわ。

 

死んじゃいたいって思うとき、小さい時に親がお菓子コーナーで買ってくれた

なんでもないヨーグレットみたいな青いパッケージとか鮮明に浮かんだりする。

なにも恩返し出来てないし、世界中、毎日すべてのことに反省してしまう。

 

みんなすごいし、結局はまともな人生なんだろう。

なんか何も見たくない。

何もいらない。すべて全部あるというか、宇宙の真空状態。

 

お金とか、安定した仕事とか、親の将来とか、音ゲームにすぐいける環境や、

はてなスターとか、暖房とか、努力とか、昔のスーパーの帰り道とか、

ツイッターや、家のきしみ、喫茶店や、アニメを見ることや、

ディストーションかけたギターでDコードでも弾きたいし、

画集、試験管、デザイン、色のついた水滴とか、好きな人とのメールや、化学物質、

信仰、インターネット、チョコ、男の人の悪意、世界、税金、ふぁぼ、キレイなびん

 

そういったことを思いながら、ひたすら横になって待つのだ。

 

きっと脳の物質が余分に出てるだけ

 

自分がわからん。