読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の宝石箱や〜

本当にごめんなさい

6万ぐらいお金を儲ける方法

みなさん、こんばんは。

 

今日は数学とギャンブルを理論的に話してみようと思います。

 

ここでは、毎週土日に行われている中央競馬を例に話して行きましょう。

 

さあ、座って。落ち着いてください。

 

まずは、いきなりギャンブルのコツを伝授したいと思います。

 

『勝ってやめる』

 

はい、頭ではわかっていますよね。そう、当たり前の事を言いました。

 

これを心に留めといて次のステップへ進みましょう。

 

 

 

次にカジノの話です。

 

ラスベガス、マカオなど海外にはカジノという文化がありますね。

 

そういったカジノ攻略法は簡単に言うと2つに分かれます。

 

ブラックジャックなどのトランプを使ったもの=ストラテジー

ルーレットなど=賭け方

 

ここで取り上げたいのがルーレットにおける賭け方です。

 

様々な方法がありますが、ここではココモ法という賭け方を紹介します。

 

配当3.0倍だとすると1→1→2→3→5→8→13と賭けて当たったらやめる方法です

 

左側の数字をどんどん足していった数列、いわゆるフィボナッチ数列ですね。

 

最初の1回目で当たったとします。

必要なお金=1

配当=1×3=3

儲け=3−1=2

 

2回目で当たったとします。

必要なお金=1+1=2

配当=1×3=3

儲け=3−2=1

 

当たらなくて7回目で当たったとします。

必要なお金=1+1+2+3+5+8+13=33

配当=13×3=39

儲け=39−33=6

 

やばくて12回目に当たったとします。

必要なお金=376

配当=144×3=432

儲け=56

 

そう、この数列の通り賭けていくことによって必ず儲けを生む事が可能なのです。

 

しかしこのままでは長期で見ると掛け金と儲けが膨れ上がりすぎて

競馬に応用することが難しいと思います。

 
 
 そこでココモ法を長期に安定させたものを自分で開発しました。
 
ここでは2番人気の馬の単勝に賭け続ける事にしましょう。

平均オッズはおよそ4.2倍です。

 

f:id:taiyap:20121222204826j:plain

 

 

それでは実践です。上記の4.0長期ココモを利用します。

賭ける金額は1,1,2,3,4,6,8,10,14,18~です。

 

2012/12/22(土)の中山競馬場レース結果と照らし合わせてみましょう

第1レース

賭けるお金=1万

使ったお金の合計=1万

結果=2番人気が1着(3.6倍)

儲け= 1×3.6-1=2.6万

 

あっ、勝っちゃったよ。2万6000円ゲットだよ。ハーゲンダッツでも買うか!??

 

もうちょい見てみましょう

2012/12/22(土)の阪神競馬場レース

第1レース

賭けるお金=1万

使ったお金の合計=1万

結果=2番人気が1着ではない

 

第2レース

賭けるお金=1万

使ったお金の合計=2万

結果=2番人気が1着ではない

 

第3レース

賭けるお金=2万

使ったお金の合計=4万

結果=2番人気が1着ではない

 

第4レース

賭けるお金=3万

使ったお金の合計=7万

結果=2番人気が1着ではない

 

第5レース

賭けるお金=4万

使ったお金の合計=11万

結果=2番人気が1着(4.5倍)

儲け=4×4.5−11=7万

 

キター!ハーゲンダッツでも買っちゃう!?!!??????

 

 

競馬のレースは一日12レース行われます。

このようにその中で2番人気が1位でくるのを待つ訳です。

 

 

私はこのやり方をしません!ギャンブルはんたーい(´;ω;`)