文字の宝石箱や〜

本当にごめんなさい

マンガの解説

 

ひさしぶりに漫画を書きました。

https://dl.dropbox.com/u/36548198/yonkoma.html

 

テーマは現代社会の歪み。

深い故にユーモアで切り取り、私なりに漫画という

表現に落とし込んでみました。

 

今回は全コマ解説をして行きたいと思います。

 

 

その1

『私がセックスをしたいのはどう考えてもお前らが悪い!』

f:id:taiyap:20120902214058j:plain

 

これは最初のタイトル思いついた時点で神かと思いました。

もちろん元ネタは

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」って漫画から。

街を歩いててよく思っている事を漫画にしてみました。

すべての女性は知っておいてください。

男性は葛藤し、混乱し、理性を武器に終わり無きジハードに

勝利せねばならないのです。

 

登場する女の子、もう少し可愛く書きたかったです。

ただ女子高生のリボンの感じとかリクルートスーツのライン、

女子中学生の角度などお気に入りの部分もあります。

登場する男の子が服の事ばっかり叫んでいるのも微笑ましいですね。

チュチュアンナ、エメフィール、しまむらなどシーンにあった下着屋の

名前も出して見ました。言葉のリズム感とか好きですね。

服のリボンや、袖の折った感じ、プリーツスカート、

そしてちょうど良く階段に行ってしまった時の緊張感。

その時、私はすべての人が私服警備員に感じるのです。

あと最後、階段や!って叫んでるけどどうみてもエスカレーターですね。

 

((このネタですが、本当は長編漫画にしようと思っていました。

内容は街を歩いて女性を見たらセックスしたくなる男の子が

特殊能力を持っていて、そのセックスしたくなった気分を

相手の女の子に移せる。女の子は服装フェチな言葉を叫びながら

ぶっ飛んで最後男の子がクールに「欲望の渦に呑まれて死ね」って言う

マンガ。))

 

 

 

 

その2

『理想の自殺をサポートしてくれる会社』

f:id:taiyap:20120902214101j:plain

 

なかなかブラックユーモアが効いていてお気に入りです。

実は自殺をプロデュースする会社があればいいな、

むしろ自分がやりたいなと昔から思ってました。もちろん違法ですが。

すこし暖めて人に話したらかなり盛り上がったりしました。

 

これも本当は2時間映画とかで撮りたいようなテーマです。

長編小説とか。サブカルチャーと人間臭さ、そういうのって

映画好きそうな人に受けそうだし。主演は劇団出身の若手役者とかね。

 

2コマ目でしゃべる人が、最初に自殺したかった人なんですね。

もう何もかも嫌になった時、他の同じ様な人を手伝ってあげようと。

そして依頼を受けて行くワケなんですが、依頼者はことごとく直前で

自殺をやめてしまう。なぜなら話すことが出来たからなんです。

そしてなり行きで会社の手伝いとして働いて行くという話。

 

この自殺をしたがってる主人公は影のあるかわいい女性にしたかったんですけど、上手く書けなかったです。4コマ目の表情とかはいいかな。

リボンつけてる女性社員、個性をもたせる為につけたのですが

けっこう脆い感じが出てますね。他の社員もけっこう雰囲気出てると

思います。あと山のシーンは風景画の巨匠、東山魅夷っぽく書いてます。

 

もしこういう会社があればみなさん利用したいですか?

  

 

 

 

その3、4

リリカルなのはが見たい人の料理』

『スカイプセックス』

f:id:taiyap:20120902214105j:plain

 

リリカルなのはが見たい人の料理』について

最初はリリカルなのはが見たい人ってタイトルでした!!

そしたら、思った以上にコマを狭くとってしまって5コマになったあげく

5コマ目がどうしても思いつかず、2秒ぐらい真剣に悩んだあと、

の料理ってタイトルに反射的に付け足し、5コマめにフライパンの絵を

書いていたのです。自分で爆笑しました。

あとこの男の表情は昔合ったスタジオボイスって文化系の雑誌の

付録についてたCDに書いてあった絵を参考にしました。興味ないですが。

 

『スカイプセックス』について

これ思いついた時は闇だって思ったんだけど

書いたら本当につまんないですね。失速しました。

この間にも世界ではスカイプセックスが行われているのです。

  

 

 

 

『四捨五入マン、婚活をする』

f:id:taiyap:20120902214107j:plain

 

これも思いついた時は、おおー面白いかも!って思ったんですけど

膨らましようがないっていうか、書いてる時突然、秋葉原で見た音ゲー

やる女を思い出したので書きました。

すごく心惹かれて記憶していたのです。自分なりに書くのは

アントニオカルロスジョビンがカフェで出会った女性にインスパイアされ

ボサノバを発明したのと同じなのかもしれないですね。

この絵、80年代テイストだと言われたがそう見えるかも。美人というのは

年代が変わっても元の型(プラトンの言うイデア)があるのかもしれない

 

 

たったこれしか書いてないのに本当に大変でした。

アイディアで魅せるという手法でしたが、やはり難しい。

画力はもちろん、膨らまし方や表現方法、また発表するタイミングなど

よく考えたいと思ったが

 

本当に無駄なので人生の方頑張りたい

と思ったが

 

手遅れ 

 

本当にごめんなさい

 

 

一人でゲームします